FC2ブログ

category: 月一法話  1/10

まごころをカタチに

No image

 先日、仙台のお寺に出張した時、仙台名物「ずんだ餅」(枝豆を潰した餡子をお餅に合えたもの)をいただきました。お餅がすごく柔らかくて、お箸で切れるほどでした!今回初めて食べましたが、と〜っても美味しかったです。 後日、仙台のご信者さんから、お手紙をいただきました。そこに「ずんだ餅」の事が書いてあったんです。なんと、あるご信者さんがご夫婦でわざわざ、朝4時から杵と臼で、お餅をついてくださってたんです!...

  •  0
  •  0

本物の信心を起こす時

No image

 本当に悲しくて、苦しくて、どうしようもない時、人は夢や希望を見失いがちになります。でも、太陽が西の空に沈み、あたりが真っ暗になった瞬間、一斉に月や星が輝き始めます。本当に小さくて微かな光しか放っていない星の輝きですら、私達の目に留まるようになるのです。 人生も同じようなもので、本当に悲しくて、苦しくて、どうしようもない時に、今まで全く気づけなかった光や、輝きに気づける瞬間があります。自分にとって...

  •  0
  •  0

本当の優しさとは

No image

 イソップ童話に『アリとキリギリス』という話があります。アリは毎日せっせと食べ物を集めて巣に運びました。一方、キリギリスは毎日遊んでばっかりです。ある時、アリがキリギリスに言いました。「寒い冬になると食べ物がなくなるんだ。今のうちに集めておかないと、後で困ることになるよ。」でも、キリギリスは「大丈夫だって。まだ夏だよ!今、遊ばないで、いつ遊ぶんだよ!」と言って、聞く耳を全く持ちません。そんな生活ぶ...

  •  0
  •  0

令和〜人を和ませる時代〜

No image

 平成の世が幕を閉じ、今月から令和という新しい時代が始まります。「令和」の二文字について、巷ではいろいろと騒がれていますが、どうせなら、明るい未来になっていくような受け止め方をしたいものです。そこで私は仏教的に「令和」を受け止め、これからの指針にすることにしました。 【令】には「人に〜させる」という意味があり【和】には「なごむ」という意味があります。なので、令和とは「人を和ませる」時代。悩み事や心...

  •  0
  •  0

心ひとつで人生は変わる

No image

 先日、ニュースで「アメリカ・フロリダ州で1歳の子が車の中に閉じ込められた」とありました。その中で、興味深かったのは、その子を救ったのが受刑者だったことです。近くで奉仕活動をしていた受刑者らが現場にかけつけ、思いがけない方法で助け出しました。なんと、車上狙いの手口を応用して、車の鍵をこじ開けたのです。 そういうことが出来るということは、そういう悪い事をしていたかもしれませんし、今、刑務所に入ってい...

  •  0
  •  0