FC2ブログ

松本良光ブログ『教務さんができるまで』

一人前目指して日々奮闘しているお坊さんブログです

まいた種は生える〜自業自得・因果応報〜


11月10日(日)七五三参詣でのお話。「因果」仏教の基礎であり、人生の指針となる教えです。シンプルでわかりやすいですが、人生に活かせている人は案外と少ないもの。言い訳しない、自分がやる!それでこそ仏教的生き方です。

御教歌
「わするなよ まかぬたねなら はえもせず まいたたねなら はえるものぞと」
【種をまかなければ、決して芽が出ることはない。種をまけば必ず縁にふれて芽が出る。人生も全く同じで、やったことが自分にかえってくるもの。そのことを決して忘れず、人生の指針として持っておくべきである。】


スポンサーサイト



お寺の掲示板36




自分を基準にしてる間は

いつまでも自分の歪みには

気づけません

仏教という「物差し」を

自分の心にあてて

軌道修正しながら生きていく

それが激動の時代を生き抜く術です!

可能性を生み出すのは自分

可能性がゼロじゃない限り、やってみる価値はある。ただ、可能性がゼロだなんて、そうそうあることじゃない。もし、あるとしたら、自分自身が諦めてしまった時だ。

来年から年3回の御会式、年2回の御彼岸、いずれも【土曜日の座】を新設します。これは、どなたでも自由に参詣できます。できる限り一般の方でも、わかりやすい、参加しやすい法要にしたいと思います。

加えて、当月の御講にお参りできなかった方のために補講を勤めます。年間で予定を組むのは難しいですが、出来るだけ早目にスケジュールを発表したいと思います。

来年は確実に今年よりも忙しくなります。体力的に、精神的に、本当にやれるのか?と思います。でも、やるしかない、やんなきゃ可能性はゼロ。確実に生きてる「今」やらずに長生きしたって意味が無い。どうせ生きるなら、常に可能性を追い求めたい!

心の物差し




自分で自分の顔が見れないのと一緒で、自分で自分の心を見ることはできません。なので、自分の心が真っ直ぐなのか歪んでるのかを正しく計測することもできません。

心をキチンと計測するためには、基準となる物差し、定規が必要です。仏教は、いつの時代でも変わることのない心の物差し。

周りの意見や風潮に流されないで、真っ直ぐ生きていくために、心に仏教という物差しをあてながら生きていきましょう!

習慣が実力になる〜さぁ、お寺へ行こう!〜


御教歌
「道遠く雨降る時の参詣は 信心つよきしるし也けり」
【お寺が遠くても、雨が降っていても、お寺にお参りできるのは、それだけ信心が強い証拠である。】

御指南
「雨中(あめふり)の日参(にっさん)、短夜(みじかよ)の朝参(あさまいり)はしにくきもの也。其しにくきことをつとめ得て、楽しみとする人は、必ず其功をあらはすもの也。所願成就、開運出世うたがひなし。
*日参=毎日お寺にお参りすること
*朝参り=朝にお寺参りすること
【どんな天気でも、どんな季節でも、どんな時でも、お参りさせていただく。そうやって、お参りするのが習慣になれば、それが私達の実力になっていく。自然と信心が鍛えられていく。もちろん実力がついて信心が強くなれば必ず御利益がいただける。開運、出世は疑いようもないことである。】