FC2ブログ

松本良光ブログ『教務さんができるまで』

一人前目指して日々奮闘しているお坊さんブログです

敬老会の記念品

隆宣寺では70才から敬老会の該当者

長年にわたって隆宣寺を支えてくださった

皆さんに感謝、感謝です!

そこで、令和と改まった記念もあり

私からの、ささやかな記念品







全て手書き、手作業で仕上げました!

喜んでもらえるかなぁー( ^ω^ )

スポンサーサイト



お寺の掲示板30



本当に相手のことを

わかろうとしましたか?

わからず屋



「わからず屋!」と言いながら

自分はどれだけ

相手の話に耳を傾けただろう

どれだけわかろうとしただろう

頭ごなしに否定したりしてませんか?

もしかしたら、わからず屋なのは

自分の方なのかもしれません

大切なものを大切にしよう



御教歌
「妙法の宝の山のたからこそ 唯信心の手ににぎるなれ」
【宝の山に入っても、手を出さずにいたら何一つ持ち帰ることはできません。お寺は宝の山です。御題目(南無妙法蓮華経)を唱え、御法門(仏様の教え)を聞くことで「信心の手」を出すことができます。「功徳」という宝を一つでも多く持ち帰れば御利益がいただけます。そうすれば必ずご信心の本当の価値がわかり、ご信心を大切にすることができるようになります。】

御利益という花は信心で咲かせるもの



御教歌
「信なくば汝の目には見えざらん まことの法の花の色香は」
*汝(なんじ)=あなた
*まことの法(のり)=南無妙法蓮華経の御題目
*色香(いろか)=色と香り
【信心の目で見なければ、御利益という花の色香を楽しむことはできない。つまり、信心がなければ御利益はいただけないし、御利益を感じ取ることもできないのです。】

御指南
「一に信心、二に自力。二を一とし、一を二と、前後、始末を混乱せる人は、信者にても心得違いの謗法也。」
【御利益をいただく上で大切なのは信心と自力の優先順位。信心が第一、自力が第二。この順番を間違えると、御利益はいただけません。信心という土台を大切にしてこそ、自力も発揮されます。信心を後回しにして、自力で何とかしようとする、自力で何とかなると思っていると、かえって御利益がいただけない。ご信心をしていながら、なかなか御利益の花が咲かないことになるのです。】